JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

清水 泰志

経営コンサルタント

株式会社ワイズエッジ

米系のコンサルティング会社でコンサルタントとして活動をした後、二代目社長として経営実務に就く。継承した事業会社を法的整理した後、企業再生支援に取り組む。数百社に及ぶ企業を見ることで、「成功の要因がその後の失敗の引き金になる」というセオリーを痛感した。変化のカタチが非線形となり、しかも変化のスピードが加速していく21世紀の経営において、継続して繁栄する企業を実現するには、「競争に勝つ」から「競争しない」企業づくり以外にはないという持論を確立した。その実現プロセスとして、柔軟かつ機敏に組み替え可能な経営基盤を備える動的安定経営の導入を推進している。 具体的には、意思決定システムづくり、未来シナリオによるビジョニング、競争を脱する事業戦略とビジネスモデルの構築、財務・組織基盤の迅速性と柔軟性の極大化という、経営全般に渡る4つの取り組み課題を具体的に定義し、導入支援に当たっている。動的安定経営を実現するためには、経営の役割が、経営管理から、経営デザインすることへ変化していることを説き、経営者自身の変化と成長を積極的に支援している。1962年生まれ、慶應義塾大学法学部卒。


2017年9月2日
解決!アスクミー JIJICO
「自己責任論」が進む日本。本当に自分には関係無いものなのか?
自由の対価として自己責任を負うことは当然ですが、行き過ぎた自己責任論により弱者を切り捨てることは、共同体を危険にさらすリスクがあります。
2017年8月11日
解決!アスクミー JIJICO
シルバー民主主義は日本をどのように変えていくのか?
シルバー民主主義を単なる高齢世代による衆愚政治といったレベルで捉えるのではなく、民主主義と資本主義が抱える本質的課題であると理解する必要があります。
2017年7月22日
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

2017年7月4日
タカタ民事再生を申請 負債総額1.7兆円に
タカタの倒産の原因は、製品不良、初期対応の失敗、創業家の保身などの表面的な事象にあるのではなく、「なぜ、この事業をするのか」「この事業でもっとも大切なものは」への答となるフィロソフィを失ったからです。
2017年6月10日
レゴランド オープン2ヵ月で値下げへ 集客改善につながるか?
レゴランドは、開業2ヵ月足らずで、入場料の実質的な値下げを行いました。集客に苦戦しているため、ディスカウントしたのではないかという見方がありますが、今回の新価格体系が状況打開に役立つかは未知数です。
2017年5月13日
宅配便最大手ヤマト運輸 採算とれない通販会社と取引終了も
宅配便最大手のヤマト運輸は荷物量の抑制を図るため、採算割れの通販会社に対し取引終了を申し入れているようですが、疲弊した現場の建て直しのためには、特に法人向けの宅急便ビジネスモデルの再構築が必要です。

2017年4月22日
日本の人口2053年に1億人割れ その時何が起きる?
日本は今後、人口減少と高齢化を避けられない状況ですが、その影響のプラスとマイナスの面を冷静に受け止め、政策的な人口増に向けての努力と、個人や企業における少子高齢化社会での生存戦略を練ることが重要です。
2017年3月21日
宅配業者次々値上げ要請へ 物流急造で配送や人材確保の負担が限界に
ネット通販市場の急拡大により、宅配便の取扱個数も急増しているために、宅配便の現場は、慢性的な人手不足なうえに厳しい労働環境での仕事となっています。この問題を解決するためにはどうすればいいのでしょうか。
2017年2月22日
事業承継の準備は60歳からでは遅すぎる!いつから始めれば良いか?
日本の中小企業では、経営者の高齢化が年々進む一方で、事業承継が進んでいません。この状況を改善するためには、事業承継を相続だと捉える考え方を改め、早い時期から戦略的な経営課題として取り組む必要があります。

2017年1月22日
日本企業に求められる働き方改革 生産性向上にはどうすれば良いか?
働き方改革として長時間労働の是正が上げられますが、労働効率の改善により利潤を増やし給料をアップするこれまでの構造自体の見直し、新たなビジネスモデルの創造や会社に依存しない働き方の確立こそが重要です。
2016年12月14日
トランプ大統領で自由貿易が衰退?自由貿易のメリットとデメリット
自由貿易こそが経済成長のために必要だという考え方が根強いですが、需要減少に苦しむ世界経済にとって、一時的に保護主義を採用することは賃金を引き上げ、需要を拡大することにつながるので有力な選択肢になります。
2016年10月4日
広島優勝の原動力!良いチームを作るための信頼の醸成とは?
チーム内で信頼を醸成するためには、コミュニケーションにおいて、リーダーが語る力以上に聴く力を高め、メンバー間で言葉の裏側にある気持ちを交換し共有することが大切です。

2016年8月21日
大戸屋お家騒動 同族企業のお家騒動に共通する原因とは?
創業者の急逝に伴い大戸屋が後継者問題で揺れているが、昔から同族企業におけるお家騒動は後を絶たない。一見、複雑な状況が要因のように見えるお家騒動も生前の経営者の不作為が根本的な原因という点で共通している。

テーマ