JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

庄司 英尚

社会保険労務士

株式会社アイウェーブ

社会保険労務士として、東証一部上場企業子会社をはじめとして創業100年近くの老舗企業、株式公開準備中の企業、急成長中のベンチャー企業、外資系企業、創業直後のベンチャー企業などに対し、人事・労務コンサルティングを提供。メディア掲載実績多数。


2016年10月5日
ヤフー週休3日制導入検討 多様な働き方の推進に
ヤフーが週休3日制導入を検討していることが明らかになりました。政府による働き方改革が動き出している中で注目を浴びていますが、柔軟な働き方の導入で優秀な人材の確保につなげていくことが狙いです。
2016年6月21日
トヨタ 在宅勤務拡充 課題は?
トヨタ自動車がほぼすべての総合職を対象に在宅勤務を導入することを公表しました。 育児や介護などの負担がある社員を働きやすくするためですが、いろいろ課題もあるようです。
2016年5月4日
大学側から疑問視・懸念の声 就活めぐる文科省との意見交換会
2017年春に大学を卒業する学生の就職活動をめぐり大学側と文部科学省との意見交換会が行われました。就活における学生の負担を軽減し混乱を避けるようにしていくことが大切。

2015年12月4日
「下流老人」への転落防止!高年齢雇用継続基本給付金のススメ
最近になって耳にする機会が増えてきた「下流老人」という言葉。下流の生活を強いられる高齢者を指しているが、そんな状況に陥らないためには、60歳から64歳までの年金ゼロ期間対策が必要になってくると専門家。
2015年9月27日
「デモ参加で就活不利」は時代錯誤!噂の真偽
安倍内閣が進める安保法制に反対するデモに参加すると、就職活動において不利に働くとの噂がネットを中心に広がっている。結論からいえば不利になることはなく、逆にプラスになる可能性もあると専門家の意見。
2015年4月19日
部下の正しい叱り方、「ゆとり型」「熱血型」の取扱説明書
新入社員の研修が終わり、各職場に配属される時期が到来。最近は従来までの「ゆとり型」がいる一方、「熱血型」と呼ばれる新入社員のタイプも増えてきている。それぞれの特徴を踏まえ、その指導法について解説。

2015年3月17日
改正派遣法の廃案で「直接雇用」を迫られる企業が続出?
「労働契約申し込みみなし制度」が平成27年10月から施行される。改正派遣法が成立しなければ、10月以降、派遣労働者が正社員雇用を求める可能性も。派遣先は、法令順守の社内体制を構築する必要がある。
2015年2月3日
長時間労働で初の事業停止処分、コンプラ徹底が急務
北海道運輸局は、長時間労働を理由に運送会社に対し30日間の事業停止を命じた。法律に従った労働時間管理が必要。運送業に限らず、ますます労働基準監督署の調査・指導の厳格化が予想されると社労士が指摘。
2015年1月14日
有給取得の時期指定義務づけで取得率は改善するか?
政府は労働基準法を改正し、有給休暇取得時期の指定を企業に義務づける。しかし、取得に「ためらいを感じる」は6割に上り、大幅な改善は容易でないと指摘。改正案を前向きにとらえ業務の生産性向上につなげるべき。

2014年12月17日
オファー殺到「女性管理職」が求められる実情
女性を管理職へ登用しようとする動きが活発に。ただ、女性管理職として活躍できる人材はまだまだ少なく、空前の「売り手市場」になっている。しかし、数合わせの女性管理職登用は、組織が機能しなくなる恐れも。
2014年11月27日
加熱する「内定者囲い込み合戦」早期退職の温床に?
バブル時代を思い出させるような内定者の囲い込み合戦が加熱している。内定者時代と入社後の大きなギャップに悩む若者が増加し、早期退職につながるケースも少なくない。地道な「内定ブルー」対策も必要と社労士。
2014年9月27日
もはや他人事ではない「ハラスメント加害者」にならないために
厚労省が発表した個別労働紛争の相談状況によると、「いじめ・嫌がらせ」の相談件数は10年前の約5倍に急増。誰もが加害者になる可能性がある今、「これまでの慣習だから」という自己中心的な価値観は捨てるべき。

2014年8月20日
「固定残業代」導入企業増加、正しい求人表記は
「固定残業代」を導入する企業がハローワークに出した求人のうち、約9割に不適切な記載があった。求人する際の正しい表記を社労士が解説。固定残業代をめぐるトラブルが増加しているため、労務管理の徹底が必要。
2014年8月5日
ペットの死で慶弔休暇、現実的に可能か
あるサイトで公開された「『ペットが死んだので会社を休みました』なんてアリなの?」という記事が大反響。慶弔休暇は、福利厚生の一つとして規定されているもので、ペットにまで拡大するには高いハードルが。
2014年6月19日
職場で飲酒、ガイドライン策定の注意点
最近、飲酒できるスペースやカフェなどを設けている会社が増加している。ただし、「飲酒後は業務スペースに戻らない」など、ガイドラインを早めに策定する必要がある。そのポイントを社会保険労務士が解説。

テーマ