JIJICO

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

今すぐ解決のヒントになる
専門家コラムが集まりました。

専門家コラム

2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
解決!アスクミー JIJICO
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
解決!アスクミー JIJICO
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
解決!アスクミー JIJICO

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。
2017年7月16日 松本 孝一さん
介護事業コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
75歳以上の老々介護が3割超え!ますます深刻になる老々介護の実態
厚生労働省の調査で、75歳以上同士の「老々介護」が過去最高の30%を超えました。また、介護の必要となる原因が「認知症」となり、ますます介護者への負担が深刻となってきています。「老々介護」が増加する中で、その支援について解説いたします。
2017年7月16日 つだ つよし。さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
イクメンの子どもは肥満になりにくいという研究結果が意味するもの
小児肥満が問題になっている米国で、「イクメン」に育てられた子どもほど肥満になりにくいという研究結果が発表されました。なぜイクメンの子どもは肥満になりにくのでしょうか?
2017年7月15日 高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター
解決!アスクミー JIJICO
今日から実践!整理収納を習慣化する10のトレーニング
一度きれいに片付けても数日後には元通り……。片付いたきれいな状態を長続きさせるには、整理収納を習慣化することが大切です。整理収納を習慣化できる、魔法のトレーニングをご紹介。
2017年7月14日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
豊田真由子議員怒りで全てを台無しに 怒りの感情をコントロールするには?
豊田真由子議員の暴言暴行が大きなニュースになっており、とどまる気配がありません。彼女自身のキャリアも大きく傷つくことになりましたが、怒りで全てを台無しにしてしまわないよう、怒りの感情をコントロールするにはどうすればいいのでしょう?
2017年7月14日 古川 めぐみさん
遺品整理アドバイザー
終活のお片付け 早めに始めることをおススメするワケ
「子供たちには自分が亡くなった後に大変な思いはさせたくない」と、終活のお片付けに取り組む方が増えています。実際の片付け現場からおススメする「最後まで安心の自分らしい暮らし」と「次世代への引き継ぎ方」をご紹介します。
2017年7月13日 久保 逸郎さん
ファイナンシャルプランナー(FP)
教員も生徒も部活動がブラック化 どうすれば改善できる?
部活動のブラック化を最近よく耳にしますが、それは教員の労働時間の観点であり生徒にとってもブラックであることに焦点が当てられていません。子どもの健全な育成のためにもブラック部活は改善されるべきです。

テーマ