JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

山中 伸枝

ファイナンシャルプランナー

株式会社アセット・アドバンテージ

1993年、米国オハイオ州立大学 ビジネス学部卒。年金と資産運用のスペシャリストとして、法人・個人を対象に活躍。 セミナーや企業研修など実績多数。主な講演テーマは「年金と資産運用」。メディア出演も豊富。


2017年6月26日
解決!アスクミー JIJICO
高まる女性の投資熱!女子会気分でお金の勉強、でも本質を見誤らないで
若い女性にもっと投資に興味を持ってもらおうとする試みが増えています。自分の人生設計をするにあたり、将来にわたるお金の付き合い方に関心を持つことは良いことです。資産運用で大切なことについて解説します。
2017年3月10日
iDeCo加入者急増中 今から検討する人はどこに注意すれば良いか?
iDeCoとは節税しながら自分年金が作れる「国の制度」ですが、加入者が急増しています。今からiDeCoを検討する人は、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?専門家が解説します。
2016年12月1日
個人型確定拠出年金「iDeCo」 誰にどのようなメリットがあるのか?
個人型確定拠出年金がiDeCoというニックネームとともに今年大幅リニューアルされ ました。すべての方がなにかしらの税制優遇を受けることが可能な制度なので、ぜひ加入を検討してみてください。

2016年10月4日
配偶者控除の見直し議論を機に考えたい女性が働くということについて
女性の社会進出が叫ばれる中、女性の働き方に悪影響を与えていると言われる配偶者控除の見直し議論がいよいよ本格化し始めました。この見直しによって本当に女性が活躍する社会になるのでしょうか?
2016年7月7日
安定した家庭生活が期待できるダブルインカムについて
女性の社会進出が期待されていますが、働くママにとって仕事と家庭の両立は大きな問題に。しかし、これからの時代、ダブルインカムは安定した家庭生活が期待できるだけではなく様々なリスクも軽減されることにつながる。
2016年4月8日
老後の生活に必要なお金 本当はいくら?
老後に必要なお金は1億円という話を最近よく耳にします、しかし、受け取る年金額によって準備するお金も変わるもの。若い時から人生設計を立て、将来への仕送りをすることが大切。

2016年3月2日
どの世代が一番お得?若者に厳しい日本
若い世代にとって、老後破たん、下流老人といった老後の不安をあおるような言葉が氾濫し、将来に期待が持ちにくい状況です。避けられないこの問題について、どのように対処していけば良いのでしょうか?
2015年11月12日
働く女性だからこそ!将来へのリスクに必要な備え
女性の社会進出が進む現在、独身でも既婚でも働く女性は増加傾向にある。そこで、働く女性が職場での責任を全うし、自分の人生をしっかりと歩むために必要な備えについてファイナンシャルプランナーが解説する。
2015年9月16日
2016年スタートの「ジュニアNISA」、投資を学べる機会になるか?
2016年から未成年者向け少額投資非課税制度(ジュニアNISA)がスタート。非課税のメリットを生かして投資を学べる良い機会ではあるが、一般のNISAにおいても口座開設のみで投資商品を買い付けている人は少ないと専門家。

2015年9月6日
親の収入により生じる教育格差、借金を背負い社会に出る子どもたち
「親の年収が高いと子どもの学歴が高くなる」と報じられる昨今。大学生の52.5%が奨学金を利用しており卒業後はその返済に追われる。経済格差が教育格差となりつつある日本。米国スタバの取り組みが気になるところ。
2015年8月29日
離婚前の確認事項、熟年離婚で浮上するお金の問題点
熟年離婚が若い世代の離婚と最も異なる点は、離婚後、それぞれの生活設計基盤にある。今あるお金をどう分配し、使っていくかが生活基盤となり、離婚の前に考えるべきポイントがあると専門家の見解。
2015年6月15日
老後を豊かにする「おひとりさま女性」の資産形成
最近、生命保険会社が販売する民間の「年金保険」や「介護保険」に加入する女性が増えている。老後の資産形成をするには「貯蓄の目標額」を定め、民間保険以上の節税効果がある「確定拠出年金」を検討すべき。

2015年5月13日
老後資金確保の切り札?「リバースモーゲージ」とは
「国の年金だけでは、将来が不安」。そう感じている人は多い。そんな中、注目を集めているのが「リバースモーゲージ」。自宅を担保にお金を借りることができ、老後資金確保の選択肢として不動産取得者には魅力的。
2015年4月18日
実はメリットが少ない?注目される「結婚・子育て資金」贈与非課税
新たな資金贈与策として「結婚・子育て資金の一括贈与」が創設。働く女性が子どもを安心して産める環境づくりに期待できるとの見方もあるが、税制としても子育て支援策としても、少しインパクトに欠けると専門家。
2015年3月19日
金融機関がガッカリするNISAの惨状、活用されない本当の理由
NISA口座の多くが「休眠中」で、金融機関はキャンペーン経費も回収できない状況。活用が伸びない本当の理由は「投資に対する理解不足」と指摘。資産運用に関する適切な情報提供と資産形成サポートが求められる。

テーマ