JIJICO

解決のヒント特集

ビジネス

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「ビジネス」に関するコラムを集めました。

2015年3月6日 河野 晃さん
弁護士
一筋縄ではいかない「ネーミングライツ」売却が抱える問題点
企業名や商品名をスポーツ施設などにつける「ネーミングライツ」。企業側は宣伝効果を、施設側は収入を増やすことが狙い。地方施設には希望企業が現れない、施設名が変わることに住民が合意しないなど問題点も。
2015年3月4日 亀岡 亜己雄さん
社会保険労務士
東京ディズニーランドが選んだ正社員化の狙い
東京ディズニーランドが希望者を対象に、契約社員を正社員にするとの報道があった。しかし、実は限定正社員との表現が正しく、企業にとって長期的な経営効果を考えれば、有効な人材戦略だと社会保険労務士の意見。
2015年3月2日 大東 恵子さん
社会保険労務士
人材紹介会社へ丸投げ「新リストラ方法」とは?
「追い出し部屋」など、リストラにさまざまな策を講じる企業。最近では人材紹介会社へ出向させ、スキルアップを助言するなど転職から自主的退職を促すケースも。労働者の意志があるため、違法ではないが問題点も。
2015年2月26日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
就活戦線で一歩先ゆくイメージ戦略
2016年に大学を卒業する学生の就職活動が3月1日に解禁される。希望する企業から内定を獲得するには、選考に生き残るための「イメージ戦略」が不可欠。キーワードは「らしさ」「若さ」「柔軟さ」と専門家。
2015年2月25日 大竹 光明さん
社会保険労務士
懲戒解雇が与える人生への大きな損失
JR西日本がグループ会社の男性契約社員を、懲戒解雇したとのニュースがあった。理由は遺失物として届けられた千円を着服したというものだが、懲戒解雇という処分が従業員に与える影響について社労士が解説する。
2015年2月21日 佐藤 憲彦さん
社会保険労務士
「固定残業代を含む」への誤解が労働紛争の種に
求人サイトを見てみると「固定残業代を含む」といった表示がある。違法ではないが運用次第でトラブルも。基本給と時間外手当の部分を明確にすること。見込みの残業時間数を上回った場合は差額を支給する必要がある。
2015年2月19日 福留 幸輔さん
組織・人事コンサルタント
華の「新卒大量入社」に警鐘、教育ミスが暗黒時代を招く
今年4月入社の新卒採用者数が歴史的なレベルに達する業界も。時間と手間がかかるため受け入れを敬遠する管理職もいるが、きちんと教育しないと、いずれレベルの低い若手社員ばかりに。新入社員教育の見直しが必須。
2015年2月18日 佐々木 淳行さん
社会保険労務士
「介護離職」喫緊の経営課題に 企業は何をすべきか
晩婚化、非婚化が進むにつれ、親の介護に直面し、離職に追い込まれる労働者が後を絶たない。企業にとっても貴重な人材を失う経営リスクに。企業は柔軟性のある働き方を制度として整備し、従業員に適切な情報提供を。

テーマ