JIJICO

解決のヒント特集

ビジネス

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「ビジネス」に関するコラムを集めました。

2017年4月22日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
過労死手前の人が「辞められない」のは当たり前!?それこそがSOS のサイン
過労死はなぜ起こるのでしょう?「もっと早く辞めていればよかったのに」と思うほど追い詰められている人が、自殺に至ってしまう原因とは?
2017年4月20日 浪越 あゆみさん
日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーターTM キッズアンガーマネジメントインストラクター
記者会見での大臣激怒が話題に 怒りの感情をコントロールするには?
誰でも怒りを爆発させてしまった経験があると思いますが、怒ることは決して悪いことではありません。アンガーマネジメントを身につけることで、怒りやイライラを上手にコントロールする事が出来るようになります。
2017年4月19日 森 ゆきさん
キャリアコンサルタント・講師
管理職になりたがらない社員増加!管理職を拒否しても幸せか?
管理職になりたくない会社員が増えています。理由としては「現状維持型」と「激務回避型」の2パターン。でも、管理職の拒否は本当に幸せでしょうか?40代以降で特に大切にしたい「心理的報酬」とあわせて解説します。
2017年4月18日 王子 月乃さん
ストーリー漫画作成
自分なりの解釈を工夫することで「好きを仕事にする」ことは可能になる
好きなことを仕事にできれば。誰でも一度は考える事ですが、現実にそれを実現することは難しいものです。しかし、自分なりの解釈を工夫することによって「好きを仕事にする」ことは可能なのです。
2017年4月16日 三谷 文夫さん
社会保険労務士
スキルのない社員はピンチ 労働者にも厳しい働き方改革
働き方改革では同一労働同一賃金、最低賃金の引上げ、長時間労働の是正など労働者の多くの方に歓迎されるキーワードが並んでいますが、一方で労働生産性向上のために労働者にも厳しい働き方が求められていくでしょう。
2017年4月14日 大竹 光明さん
社会保険労務士
くるみんマーク認定が厳格化へ 働き方を見直す分岐点となるか?
子育てサポート企業として認定される「くるみんマーク」が電通職員の過労自殺などを受けて厳格化されることになりました。これにより、働きやすい職場づくりというものを実質化することができるのでしょうか?
2017年4月8日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
「家賃保証」でも家賃が減額?サブリース契約の大きな落とし穴とは
サブリース契約は「家賃保証」という言葉が独り歩きし、その実態とかけ離れたイメージを持たれることがあります。家賃減額や中途解約のリスクがあり、物件管理もずさんになりがちな性質があることを理解しましょう。
2017年4月6日 中原 崇さん
社会福祉士
育休復帰をスムーズにするために 夫との育児や家事の分担は必須か?
女性が育休から復帰する際に育児や家事を夫と分担することが不可欠という声がありますが、果たしてそうでしょうか。夫が家事を手伝うことだけがあるべき姿ではなく、夫婦間の価値観の違いを理解する姿勢が大切です。

テーマ