JIJICO

解決のヒント特集

ビジネス

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「ビジネス」に関するコラムを集めました。

2014年6月3日 村上 義文さん
認定事業再生士
勤務先の倒産危険度を知るには
2013年の休廃業数は、2万8943件と過去10年で最多。ただ、中小企業・小規模事業者の大部分は借金が足かせとなり、廃業したくてもできないのが現状。自身の勤め先は危険度を知るための指標を専門家が解説。
2014年6月2日 庄司 英尚さん
社会保険労務士
労働時間規制撤廃にひそむ懸念
政府は5月28日に産業競争力会議を開き、労働時間の上限規制などを撤廃する新たな制度の導入を決定した。残業代ゼロで大量の残業をさせられるなど、健康面への影響も懸念される。社労士が見解を述べる。
2014年6月1日 佐藤 憲彦さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
36協定の形骸化、労働者を守る対策提言
「時間外及び休日の労働に関する労使協定」について規定する36協定(労働基準法第36条)。長時間労働削減が叫ばれながらも「企業活動を妨害してはならない」という点から形骸化しているとの声も。社労士の見解。
2014年5月31日 三谷 文夫さん
社会保険労務士
ワークライフバランスを推進すべき4つの視点
日本社会に浸透してきた「ワークライフバランス」。その格差は広がり、後回しにされている企業では業績に悪影響も。中長期的には業績向上をもたらすことが様々な研究で明らかに。推進すべき理由を社労士が解説。
2014年5月30日 大竹 光明さん
社会保険労務士
改正派遣法で雇用安定化は図られる?
国会では労働者派遣法の改正を審議。派遣労働者が同じ職場で3年以上働く場合、派遣先に直接雇用を依頼するなど派遣会社には「雇用安定化措置」の義務が生じる。法改正で雇用の安定化は図られるのか社労士の見解。
2014年5月29日 自念 真千子さん
産業カウンセラー
「女性の時代」到来を見据えた心構え
成長戦略では25歳~44歳の女性の就業率を2020年までに73%に高める計画。日本の成長には「女性の活躍」が不可欠な時代に突入し、ルールが変わろうとしている今、「どうありたいか」を考え選択する勇気を。
2014年5月26日 大東 恵子さん
社会保険労務士
産休・育休の復職促進に有効な策
育児・介護休業法を活用しても、「所得ロス」や「キャリアロス」、「業務知識ロス」など育児と仕事を両立させる女性には多くの不安がある。復職を支えるためにも、企業の支援体制を整えることが重要と社労士。
2014年5月25日 西谷 俊広さん
公認会計士
起業はギャンブル?リスク対策
中小企業白書によると、2012年の起業希望者は約84万人で1997年の約半分。しかし、過去に比べて環境的には起業のリスクは小さくなったといえる。起業前の段階で見込み客をつかめれば成功確率が高まる。

テーマ