JIJICO

解決のヒント特集

美容・健康

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「美容・健康」に関するコラムを集めました。

2015年6月16日 原 民子さん
フットケアスペシャリスト
素足の季節、水虫の効果的な予防策
素足の季節到来。サンダルを履いても汗腺が多い足は一日にコップ1杯分の汗をかく。水虫予防には「足を清潔に保つ」「蒸れを防ぐ」などがポイント。自己判断で市販薬などを使わず、皮膚科で適切なケアを。
2015年6月7日 小針 衣里加さん
料理研究家
ケーキやクッキーも要注意、トランス脂肪酸に動脈硬化や心臓疾患のリスク
過剰に摂取すると動脈硬化や心臓疾患のリスクを高めるとして、世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっている。マーガリンやショートニングに含まれ、ケーキやクッキー、菓子パンなどを好む女性に摂取量が多い。
2015年6月5日 松原 一彦さん
漢方薬・生薬認定薬剤師
猛暑に要注意、夏バテ解消に効く漢方
暑さが厳しくなると、夏バテ・熱中症に注意。腸の消化吸収力の低下、食欲不振、下痢、むくみ、貧血、動悸・息切れ、風邪、微熱、咳など様々な不調を引き起こす。漢方薬を用いた夏バテ対策について漢方のプロが解説。
2015年6月4日 川口 博正さん
スポーツトレーナー
人気の「朝ラン」エネルギー枯渇状態で走る危険性
健康維持やダイエットを目的に朝ランをする人も多い。朝日を浴びることでセロトニンが分泌され、体内時計が正しく働くなどのメリットがある一方、エネルギーが枯渇した状態で走ることには大きな危険も。プロが解説。
2015年5月20日 藤尾 陽都美さん
イメージコンサルタント
梅雨でキツくなる加齢臭対策
中高年特有の臭いともいえる加齢臭。特に男性にとっては敏感に反応する言葉かもしれないが、実は男女を問わず発生する。気付いていない人も多いという加齢臭の対策を専門家が伝授する。
2015年5月18日 川﨑 知郁子さん
ピラティスインストラクター
猛暑の気配?夏バテ解消に役立つストレッチ方法
夏の体調不良は、意識ではコントロールできない自律神経(交感神経と副交感神経)のアンバランスが原因となり食欲不振や不眠、肩こり、便秘などを引き起こす。心身のストレッチをピラティスインストラクターが伝授。
2015年5月18日 早川 弘太さん
健康管理士
コーヒーや緑茶で長寿に?カフェイン・カテキンに秘められたチカラ
国立がん研究センターが「コーヒーと緑茶を摂取することで死亡リスクが低減する」と発表。コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸、緑茶のカテキンなど、各成分が持つ働きに期待はあるが飲み方には注意が必要。
2015年5月15日 早川 弘太さん
健康管理士
熱中症になりにくい体質をつくるには
汗をかきにくい人や、体の中の潤いが不足している人は熱中症になりやすい。「朝は早く起きて夜は早く寝る」「辛いものを食べ過ぎない」など、熱中症になりにくい体質をつくるための4つのポイントを専門家が紹介。

テーマ