JIJICO

解決のヒント特集

経済

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「経済」に関するコラムを集めました。

2014年11月26日 中村 伸一さん
ファイナンシャルプランナー
富裕層100万世帯超え、一般市民には届かない?アベノミクスの恩恵
野村総合研究所が発表した2013年の純金融資産保有額別世帯数と資産規模の推計によると、2011年に比べて富裕層に当たる世帯の割合が増加した。アベノミクスによる恩恵は、一般庶民と富裕層で全く異なるものになっている。
2014年11月10日 賀藤 浩徳さん
不動産投資アドバイザー・マネーアドバイザー
日銀サプライズ緩和による今後の株価予測
日銀が追加緩和を実施。マーケットの予想を大きく超えたものとなり、株式市場は大盛り上がり。しかし、このまま一直線に株価の上昇傾向が続くことはないと専門家。年内は17,000円超えの攻防が続く?
2014年11月6日 福間 直樹さん
ファイナンシャルコンサルタント
米FRB量的緩和終了、日本への影響は
米連邦準備制度理事会(FRB)は「量的緩和」の終了を決定。金利引き上げへの観測が高まることによりドルの価格が上昇した。今後、日本株は上がっていく予想だが、円安によるさらなる物価上昇が懸念される。
2014年11月5日 西谷 俊広さん
公認会計士
日銀追加緩和が与える暮らしへの影響
日銀は大幅な追加の金融緩和を決定。暮らしへの影響として物価と株価の上昇が挙げられる。円安によるインフレは賃金アップや経済成長にはつながらないが、景気回復の過程で避けては通れない。今後の消費動向に注目。
2014年11月1日 福間 直樹さん
ファイナンシャルコンサルタント
初のマイナス金利、暮らしへの影響は
財務省が実施した償還期間3カ月の短期国債の入札で、平均落札利回りがマイナス0.0037%に。国債入札でマイナス金利が付くのは初。日銀が長期国債の買い入れを増額し住宅ローン金利が下がることが予想される。
2014年10月31日 松浦 章彦さん
税理士
中小企業の死活問題「外形標準課税」適用拡大に懸念
法人事業税の外形標準課税適用拡大について経団連や日本商工会議所が反対方針を明らかに。従業員の確保に苦労する多くの中小事業者にとっては切実な問題。新たに177万社に及ぶ赤字法人に税負担が発生する試算も。
2014年10月25日 西谷 俊広さん
公認会計士
海外移住者の株含み益に課税、富裕層の「税逃れ」阻止に期待
財務省は、海外に移住する時点で「含み益」に課税する方針を明らかにした。米、独、仏で導入実績があり、日本は遅すぎるという主張も。いたちごっこが繰り返される懸念もあるが、一定の効果は期待できると専門家。
2014年10月18日 馬場 孝夫さん
経営コンサルタント
青色LEDがもたらしたパラダイムシフト
今年のノーベル物理学賞を日本の3人が受賞し、一躍「青色LED」という言葉が紙面やニュースを飾った。白色LEDの開発につながり、蛍光灯、白熱灯の代替が可能となり、劇的な変化を引き起こした。功績を解説。

テーマ