JIJICO

解決のヒント特集

教育

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「教育」に関するコラムを集めました。

2016年2月29日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
簡単な漢字が書けない。これってスマホが原因?
簡単な漢字が書けない、思い出せない。昔の電話番号は覚えているのに、最近頻繁に使う電話番号は思い出せない。これらはスマホなどデジタル機器の普及で記憶することが減ってきたから?
2016年2月28日 船越 克真さん
教育カウンセラー
子どものための決定は誰がする?「組体操」問題で問われているもの
大阪市教育委員会は,運動会の種目である組み体操のうち「ピラミッド」と「タワー」を禁止することにしました。今回の決定は生徒の安全面を考慮した決定とのことですが、これは本当に子どものためを考えての決定なのか?
2016年2月25日 小松 健司さん
21世紀教育応援団
我が子に最適な学習塾の選び方とは?
4月の進級・進学を前にして、我が子も新年度から学習塾へと考えている保護者も多いと思います。しかし、世間で高評価の塾でも我が子に適しているとは限りません。最適な学習塾の選び方とは?
2016年2月4日 小松 健司さん
21世紀教育応援団
学習塾が危ない!保護者がわが子のためにすべきこと
アルバイト講師の賃金未払い、合格者数の水増しなど学習塾業界の問題が顕在化。複数の学習塾に自ら足を運んで、教室長の教育哲学や講師の指導歴を直接確認するなど、わが子の教育を選ぶことは保護者の責任。
2016年1月15日 ゴーン 恵美さん
英会話講師
外務省が入省者へ課す「TOEFL100点以上」はどの程度のレベル??
外務省は入省する職員に国際的な英語力テストTOEFLで、100点以上の獲得を目標に課すことを決めた。入省時から高い英語力を身につけ、外交現場での交渉に役立てることなどを目的とするが、果たしてどの程度のレベルか。
2016年1月12日 小松 健司さん
21世紀教育応援団
公立?私立?安易な選択が子どもの将来を奪う危険性
年が明けて受験シーズンもいよいよ佳境を迎える。私立中学への進学率は全国平均では約7%だが、この比率は横浜市では2倍に、東京23区では4倍にも跳ね上がる。しかし、明確な理由もない私立進学には危険性も。
2016年1月7日 つだ つよし。さん
心理カウンセラー
「子どもな男子と大人な女子」この差はどこで生まれるか?
厚労省は昨年、13歳になった子ども約3万人の中で「悩みや不安がある」と答えた女児が、男児よりも多かったとの調査結果を発表した。結果を受け、男児よりも女児は精神的な成長が早いと結論付けたが、その要因とは。
2015年12月29日 鈴木 あづみさん
個別療育・児童発達支援管理責任者
「さかなクン」を育てた好奇心に応じて伸ばす育児法
先日、テレビ番組にて魚類学者でタレントとしても活躍するさかなクンの母親が実践していた育児法が、世間の大きな反響を呼んだ。学校の成績を上げることよりも、子どもの好きなことへの自由を保障する意味とは。

テーマ