JIJICO

解決のヒント特集

教育

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「教育」に関するコラムを集めました。

2014年11月2日 栢原 義則さん
進学塾塾長
文武両道の子どもに育てるには
プロ野球ドラフト会議で京大・田中英祐投手が、千葉ロッテマリーンズから2位で指名。京大から初めてプロ野球選手が誕生。文武両道に育てるには、思春期を迎えるまでに子どもを自立させることが大切と教育の専門家。
2014年10月28日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
「先生1.8万人減らせる」本当か?教育現場の現実
財務省から「先生1.8万人減らせる」という驚くような試算が示された。しかし「いじめ」は緊急事態と言ってよく、時代の変化に応じた「質」と「数」の充実が求められるとスクールカウンセラーが現場の声を代弁。
2014年10月27日 小松 健司さん
21世紀教育応援団
進学時不適応をめぐる小中一貫教育の問題点
進学時不適応などの問題に対し、政府の教育再生実行会議は子どもの発達に応じた教育の充実や制度の柔軟化に取り組むことを発表した。しかし、小中一貫教育や6-3-3制の見直しでは、本質的な問題は解決されないと専門家。
2014年10月26日 安藤 はま子さん
心理カウンセラー
小中学生に活気のサイン?「暴力」をプラスに導く
文科省で問題行動調査を実施したところ小中学生の暴力行為が増加。中でも小学生では1万件を超えた。しかし、ポジィティブに考えると「低年齢層に活気が出てきている」とも言えると専門家。プラスに導く方法を解説。
2014年10月25日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
「キャラ弁」禁止、教育上の妥当性
「いじめの原因に成り得る」との理由で「キャラ弁」禁止の措置をとる幼稚園や保育園が増えている。お弁当には教育の役目もあるため、キャラ弁がそぐわないのであれば禁止の措置もやむを得ないと専門家。
2014年10月22日 小松 健司さん
21世紀教育応援団
大学進学率の地域格差解消へ「MOOC」に集まる期待
大学進学率が全国的に上昇する一方、都心と地方の格差は20年間で2倍近くも拡大している。抜本的な解決には、米国のようにインターネット上で誰もが受講できるシステムを全国規模で充実させる必要があると専門家。
2014年10月13日 北川 実さん
理数専科塾塾長
バラムツ試食授業に集まる批判の代償
名古屋市内の専門学校で、国が食用を禁止している深海魚を学生約50人に試食させたとして問題になった。事前に危険性を説明した任意での体験教材だったが、賛否は分かれる。専門家は教育現場の萎縮を危惧する。
2014年10月11日 北見 由紀さん
心理カウンセラー
子どもの不登校、何を信じて、どう対応すべき?
不登校の子どもを抱える親は、どれが正しくて何を信じれば良いのか、悩み葛藤している。子どもが元気を取り戻すための法則には一貫性があると心理カウンセラー。どんな状態でも子どもを受け入れる無条件の愛が必要。

テーマ