JIJICO

解決のヒント特集

法律

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「法律」に関するコラムを集めました。

2015年1月17日 永野 海さん
弁護士
クレームストーカー増加、企業がとるべき対策
最近、「クレームストーカー」の被害が増加しており、企業などが対応に苦慮している。危険を感じるような場合には、迷わず110番通報を。恋愛感情を否定されても軽犯罪法違反や迷惑防止条例適用の可能性もある。
2015年1月16日 半田 望さん
弁護士
相次ぐ異物混入、もしも遭遇したら?
食品の中に異物が混入していたというニュースが世間を騒がせている。遭遇した場合は証拠をはっきりと残すこと。また、SNSへの書き込みは名誉毀損ないし信用毀損行為となり得るため控えた方が良い。弁護士が解説。
2015年1月15日 佐々木 淳行さん
社会保険労務士
経済成長を阻害?日本の解雇要件は厳しすぎる?
解雇規制緩和の是非がメディアを賑わしたことは記憶に新しい。解雇の有効性を判断する要件が規定されているが、日本が突出して厳しいとは言い難い。労働力の流動化には、雇用形態の選択肢を多く提供すべきと社労士。
2015年1月15日 林 朋寛さん
弁護士
タクシー運賃をめぐる闘争、公定幅制度の見直しを
福岡地裁は、国に対してタクシー運賃の変更命令を出すことを仮に差し止めた。緊急の必要がある場合に出される裁判所の判断は妥当と弁護士。公定幅制度の見直しや独占禁止法の適用排除規定も議論されるべき。
2015年1月14日 田中 靖浩さん
社会保険労務士
ハローワークに「ウソ求人」が氾濫する背景
ハローワークに寄せられる苦情のうち約4割が求人票と労働条件の実態との相違。ハローワークの求人票は労働基準法で定める労働条件の明示に該当しないことが原因。求人に関する法律の全般的な整備が求められる。
2015年1月13日 田沢 剛さん
弁護士
お釣りのもらいすぎで逮捕、なぜ詐欺罪に?
奈良県橿原市のコンビニ店員が間違って多くのお釣りを渡してしまい、それをそのまま受け取った消防士の男性が「詐欺」の疑いで逮捕された。お釣りのもらいすぎは不作為による欺罔行為がなされたと解されると弁護士。
2015年1月11日 長谷川 武治さん
弁護士
中国「Made in PRC」は不当表示?
家電製品などで「Made in PRC」との表記を目にするようになった。中華人民共和国の頭文字を並べて表記したものだが、一般消費者にとってなじみが薄い表記は不当表示に当たらないのか。弁護士が解説。
2015年1月10日 河野 晃さん
弁護士
プロ野球にtoto導入、法制化に高いハードル
サッカーを対象としているtotoをプロ野球にも導入する方向で政府が検討。理屈として合法的に賭け事の対象とすることは可能だが、100年近い歴史を持つプロ野球ではJリーグのようにはいかないと弁護士の見解。

テーマ