JIJICO

解決のヒント特集

法律

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「法律」に関するコラムを集めました。

2015年3月10日 舛田 雅彦さん
弁護士
病院を苦しめるモンスターペイシェント急増、対処法は
医療機関で医師や看護師などに対し、不当な要求やクレームをつきつけるモンスターペイシェント。脅迫や暴力、土下座の要求などに発展するケースも。急増するトラブルに有効な対処法について弁護士が解説。
2015年3月10日 白木 麗弥さん
弁護士
初の逮捕者、リベンジポルノ法への期待と課題
リベンジポルノ防止法の制定後、初めてこの法律を適用した逮捕者が出た。現行の法律では対応が難しかった問題に対して処罰を与えるという同法律に評価できる点はあるものの、まだまだ課題が山積みと弁護士。
2015年3月8日 長谷川 武治さん
弁護士
スキマスイッチ炎上、名誉棄損の可能性は?
スキマスイッチが秋田市内の料理店の対応についてライブで述べたことがネットで炎上した。発言は、料理店の社会的評価の低下を招くもの。SNSの普及により、想定をこえて他者の名誉を害することがあり注意が必要。
2015年3月6日 山下 江さん
弁護士
管理職によるセクハラ、厳しい判決の背景
大阪市の水族館に勤務する部長代理職の2人が、女性従業員に対するセクハラ行為を行ったとして、出勤停止の懲戒処分を受けた。指導的立場の管理職が行ったため、厳しい判断になったと弁護士の見解。
2015年3月5日 田沢 剛さん
弁護士
テレビない人からも「NHK受信料」徴収の野望、現実のものに?
総務省はテレビのない世帯からもNHK受信料徴収を検討。インターネット端末機そのものは「放送の受信を目的としない受信設備」と解釈する方が国民の感覚に沿っていると指摘。理解を得られるよう議論を重ねるべき。
2015年3月4日 半田 望さん
弁護士
外れ馬券購入費は「経費」、確定の影響
競馬の外れ馬券購入費が「経費」として認められるかが争われた脱税事件にて、検察側が上告したものの、1審、2審は経費として認定。しかし、無条件の認定ではなく、一般の競馬ファンにまで影響はないと弁護士。
2015年3月3日 永野 海さん
弁護士
18歳引き下げ検討の選挙権と、同列には語れない少年法
与野党は、今月、国民の選挙権を18歳に引き下げる公職選挙法改正案を再提出することを決めた。一方、同様に少年法についても18歳未満にすべきとの議論があるが、可塑性を踏まえた慎重な議論が必要だと弁護士。
2015年3月1日 中村 伸子さん
弁護士
消費者不利な約款、民法改正案で無効へ
契約に関する民法規定の見直しにより、消費者を害する約款が無効となる可能性がある。事業者は約款が消費者に理解しやすいものか、また、消費者を一方的に害することのない内容となっているかの見直しを迫られる。

テーマ