JIJICO

解決のヒント特集

法律

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「法律」に関するコラムを集めました。

2014年3月2日 舛田 雅彦さん
弁護士
ネット上のデマ、転用すると名誉棄損に?
大津市のいじめ自殺事件をめぐり、デヴィ夫人が自身のブログに書き込んだ内容が訴訟に発展。誰かの社会的評価をおとしめると名誉棄損に。ネット情報の裏を取らずに転用して発信するのは軽率な行為と弁護士。
2014年3月1日 田沢 剛さん
弁護士
特定銘柄の株価予想、風説の流布に?
株価を上げるため、ネットで虚偽の情報を流した疑いで、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(風説の流布)容疑で関係先を強制調査。特定銘柄の株価予想は「風説の流布」にあたるのか。弁護士が解説。
2014年2月28日 田中 靖浩さん
社会保険労務士
パート労働法改正案で賃金格差は改善?
政府の閣議で、パートタイム労働法の改正案を決定。パートタイマーでも正社員と同じ仕事をしていれば賃金などの待遇を同じにするなどの要件が盛り込まれている。現在の法律からどのように変わるのか?社労士が解説。
2014年2月24日 田沢 剛さん
弁護士
障害を偽ると、どんな罪に問われる?
ある作曲家が、障害を偽っていた可能性があるとして世間をにぎわせている。障害がないのにあるように装ったり、障害の程度を重く装ったり、障害を偽る行為はどのような罪に問われるのか。弁護士が解説。
2014年2月19日 藤本 尚道さん
弁護士
「危ない乗り物」自転車、罰金刑や高額の損害賠償も
自転車は「車両」の一種であり、道路交通法により厳しく規制されている。交通ルール違反やマナー違反が目立つ今、検挙が強化。自動車事故に匹敵する損害賠償もあり、「危険な乗り物」との認識が必要と弁護士。
2014年2月17日 田沢 剛さん
弁護士
労働者の新たな武器?「労働審判」とは?
「労働審判手続」とは、司法制度改革の一環として労働審判員を関与させる新たな手続。紛争の早期解決の手段としては労働者の武器になるが、使い方次第では「諸刃の剣」になることも。弁護士が解説。
2014年2月16日 中村 伸子さん
弁護士
国際結婚に潜む法律の落とし穴
日本人同士のカップルが国内で結婚する場合には民法が適用されるが、日本人と外国人が結婚する場合、各当事者の本国法による。離婚の要件や手続きは各国によって異なり、ハーグ条約にも注意。弁護士が解説。
2014年2月16日 木野 達夫さん
弁護士
「おれおれ詐欺」激増、巧妙化する手口を暴くには?
「おれおれ詐欺」などの「振り込め詐欺」の被害額が昨年、過去最悪を記録。その理由に、手口の巧妙化が挙げられる。「劇団型」も増加しているが、警察署か弁護士会に確認することで被害を防げる。弁護士が解説。

テーマ