JIJICO

解決のヒント特集

法律

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「法律」に関するコラムを集めました。

2014年5月14日 中村 伸子さん
弁護士
若い世代に広がるデートDV対策
内閣府男女共同参画局調査(23年度)では、10代、20代で交際相手がいた人のうち、身体的暴行、心理的攻撃、性的強要のいずれかを受けたのは1割。若い世代の多くが正しい知識を持つことが重要と弁護士。
2014年5月10日 後藤 直樹さん
弁護士
多重債務の額、一人平均1140万円
都などが実施した「多重債務110番」での平均債務額が1140万円に。紐解けば債務者の実態が浮かび上がる。返済のために新たな借り入れをすることはタブー。破産以外の方法によって負債を整理する方法の検討を。
2014年5月9日 藤本 尚道さん
弁護士
ニセ手紙で逮捕 偽計業務妨害とは
遠足用のバスの手配を忘れていた大手旅行会社の社員が、ミスを隠ぺいするために「ニセ手紙」を学校に届けた事件。岐阜県警は先日、元社員を「偽計業務妨害」の容疑で逮捕した。偽計業務妨害について弁護士が解説。
2014年5月8日 川島 英雄さん
弁護士
認定こども園、幼稚園や保育園との違い
認定こども園は、教育目的の幼稚園と保育目的の保育園の機能が一体となったもの。親が就労していなくても預けられることは保育園との大きな違い。施設が費用を決定するため、認可保育園に比べて高額になる可能性も。
2014年5月7日 永野 海さん
弁護士
子どもの存在を隠して交際、法的責任は?
タレントの中川翔子さんの交際報道で、交際相手が子どもの存在を隠していたと報じられた。交際関係に過ぎない場合には、法的責任を問うのは難しいが、婚姻した場合、取消の請求ができる可能性も。弁護士の見解。
2014年5月2日 西村 隆志さん
弁護士
スマホ「実質0円」滞納でローン組めない?
住宅ローンが組めなくなる落とし穴として、スマホ「実質0円」支払い滞納がある。スマホ端末の代金を、最大24回に分けて携帯料金から割り引くのだが、これも「ローン」という認識を持つことが大切。弁護士が解説。
2014年4月27日 半田 望さん
弁護士
先物取引の勧誘、規制緩和の危険性
経産省と農水省は商品先物取引法の施行規則等の見直し案を公表。飛び込みの営業や電話での勧誘を指す「不招請勧誘」の規制緩和で、深刻な消費者被害が増える可能性も。「自己責任」論への懸念を弁護士が指摘。
2014年4月24日 永野 海さん
弁護士
6万人が反対署名「介護法案」の問題点
政府与党が今国会中の成立を目指している介護法案に対し、法案に反対する団体が6万人を超える反対署名を厚生労働省に提出。法改正の背景に国の厳しい財政事情があるが、批判が真っ当な問題点も。弁護士が解説。

テーマ