JIJICO

解決のヒント特集

くらし

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「くらし」に関するコラムを集めました。

2015年10月4日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
なぜ離婚した男性は同じ過ちを繰り返すのか?
タレントのスザンヌさんが元福岡ソフトバンクホークス投手で野球解説者の斉藤和巳さんと離婚。斉藤さんは今回でバツ2に。女性が現実を受け止め反省の言葉を口にするのに対し、男性が同じ過ちを繰り返すのはなぜか。
2015年10月2日 石村 衛さん
ファイナンシャルプランナー
親世代の学び直しが子どもの貧困を救う
政府は、経済的に厳しい家庭の子どもを支援する必要な施策をまとめた「子供の貧困対策大綱」を閣議決定。その中に「親の学び直しの視点も含めた就業支援を推進する」との一文が。貧困対策につながるか専門家の見解。
2015年10月1日 花岡 正敬さん
理学療法士・柔道整復師
姿勢の悪さが及ぼす子どもへの影響
いすに座った際に意識して姿勢を正す指導が、各地の学校現場で注目されているように、現代人が抱える多くの悩みは姿勢に関係がある。どんな悪影響があるのかを紹介しながら、その解決方法について専門家が解説。
2015年9月30日 影山 頼央さん
結婚コンサルタント
極論が目立つのがネットの特性、30代・40代の独身男性は本当に結婚したくないのか?
ネット上には結婚の情報が多数。その中で結婚のメリット・デメリットについて語られることがあるが、ネガティブな意見については「結婚経験者なのか、そうではないのか」を疑うなど、鵜呑みにしないことが大切。
2015年9月29日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
元少年Aがサイトを開設、ナルシシズムの表れか
「酒鬼薔薇事件」とも呼ばれた、神戸連続児童殺傷事件の加害者男性「元少年A」がホームページを開設したという報道が。手記の出版に続き、こういった自己表現に反省は感じられない。専門家が見解を述べる。
2015年9月28日 中原 崇さん
社会福祉士
ゆとりある「遠距離介護」を実現するために
要介護者と、介護を行う者が遠く離れている「遠距離介護」。負担を和らげるには、介護保険が対応してくれる範囲や各種手続きの流れなど介護システムの把握・活用と、支援者との良好なコミュニケーションが大切。
2015年9月26日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
犯罪者の再犯防止策、社会から孤立しないための支援が必要
大阪府寝屋川市で中学1年生2人が殺害された事件。逮捕された男には前科があった。元犯罪者が再び犯す罪は凶悪化傾向にあり再犯防止策の強化が急務に。更生には社会から孤立しないように支援することが必要。
2015年9月23日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
妻が原因不明の頭痛やめまい…「夫源病」かも?
妻を襲う頭痛、めまい、動悸などのさまざまな不調。これらは更年期障害ではなく、日常の夫の行動や言葉によるストレスで引き起こされる「夫源病」の可能性も。問題を先送りにせず、ちょっとしたケンカで軌道修正を。

テーマ