JIJICO

解決のヒント特集

くらし

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「くらし」に関するコラムを集めました。

2015年1月21日 馬淵 敦士さん
介護福祉士
認知症25年に700万人、国家戦略成功のカギ
厚生労働省は、10年後の2025年には認知症の高齢者が700万人になるとする推計値を示し、省庁を超えて取り組む国家戦略案を明らかにした。具体的な方策を読み解き、国家戦略成功のカギについて専門家が解説。
2015年1月21日 二上 昌弘さん
お墓ディレクター
イメージ先行?関心高まる「自然葬」の現実
少子化の流れの中で昨今のエコブームの後押しもあり「自然葬」に関心が高まっている。しかし、散骨では地域住民とトラブルになっているケースもあり、樹木葬ではイメージとのギャップも生まれている。注意点を解説。
2015年1月20日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
「残念な夫」にならないための心得
高橋ジョージさんと三船美佳さんの離婚が報じられた。高橋さんは「モラハラ」を否定しているが、この自覚の無さも「残念な夫」の原因に?不満が爆発する前の「気づき」が大切で、妻への心遣いを意識し時間の共有を。
2015年1月19日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
74%が災害危険地に居住、日本人が持つべき防災意識
国土交通省の推計によれば、日本国民の74%が災害危険地に居住しているとの発表があった。しかし、自然災害の宝庫である日本に住んでいる限り、居住地による危険度は大差なく、防災意識の在り方で変わると専門家。
2015年1月13日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
性犯罪者に「化学的去勢」の是非
性犯罪が止まない中、刑罰に「去勢」を加えるべきとの議論が起きている。物理的な去勢は憲法に抵触するため、検討されているのが「化学的去勢」。しかし、今、考慮すべきは現行の刑罰の徹底化と厳罰化と専門家。
2015年1月11日 福味 健治さん
一級建築士
冬場の天敵、住まいの結露対策
家のメンテナンスで、冬になると気になるのが結露対策。最近の家は気密性が高いため、悩んでいる人が多い。断熱効果を高める工夫を施すことが最も効果的。2時間に1回程度の頻度で部屋の空気を入れ替えるのも有効。
2015年1月10日 谷口 庄一さん
都市環境プランナー
リニア着工で試される「まちづくり構想力」
平成39年に開業を目指すリニア。沿線の地域で期待が膨らむ。しかし、過去、新幹線の駅周辺開発が必ずしも地域活性化に寄与したとは言えない。リニア効果を最大に生かすには、地域の未来予想図を描くことが大切。
2015年1月8日 中山 聡さん
一級建築士・不動産鑑定士
「危険な空き家」解消に乗り出した国策の行方
空き家の増加が社会問題となり、日本全国の自治体・組織が問題解決のために動いている。国も固定資産税優遇の見直しによって空き家増加に歯止めをかける意向だが、それだけでは問題は解決しないと専門家。

テーマ