JIJICO

解決のヒント特集

地域

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

コラムを集めました。

2016年3月27日 藤本 尚道さん
弁護士
ごみ屋敷に“法の網” 条例制定へ 氏名公表、代執行も
神戸市が「新条例」を制定し、住民に「ごみ屋敷」の予防と解消を義務付けることになりました。廃棄物を撤去する「代執行」に加え、氏名公表の措置や過料の罰則にまで踏み込んだもの。ごみ屋敷の解消につながるか?弁護士が解説。
2016年3月8日 木村 文俊さん
大学生塾 理事長
「山奥ニート」が提言する新しい生き方、働き方とは
和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、わずかの収入で自由気ままに生活している若者たちがいるそうです。「山奥ニート」が提言する新しい生き方、働き方とは?
2015年10月31日 石川 一彦さん
広告プロデューサー
もはや文化!?山手線新型車両の「中吊り広告」が一転存続になった理由
山手線に新型車両が登場するが、JR東日本は当初、その車内の広告を全て電子化し、中吊り広告を廃止すると発表していた。しかし、先日の発表で一転、存続が決定。現代において中吊り広告の意義を専門家が解説。
2015年4月20日 賀藤 浩徳さん
不動産投資アドバイザー・マネーアドバイザー
今買うべきはここ!値上がり必至の不動産穴場エリア
景気や五輪を控えて不動産の値上がりが目立つ東京において、誰もが気になるのは今後、どのエリアが大きく値上がりするのかということ。そこで、専門家が値上がりが期待される穴場エリアを予測する。
2015年3月11日 木村 尚義さん
経営コンサルタント
滋賀県が「近江県」に?競争からの決別で知名度向上を目指す
知名度の低さに悩みを抱える「滋賀県」が「近江県」に改名するという話題が注目を集めた。お金をかけず、競争もせずに知名度を上げ、観光客を取り込もうとする改名は、差別化ではなく異別化だと専門家。
2015年3月11日 半田 望さん
弁護士
飲酒運転撲滅へ本気の福岡県、条例厳格化は功を奏す?
福岡県では、飲酒運転2度の摘発で義務づけていたアルコール依存症の受診を、1度の摘発で義務化する改正案を可決しました。現行条例の厳罰化という福岡県のこの政策について効果と危惧される点を弁護士が解説。
2015年2月17日 田沢 剛さん
弁護士
「子どもの声」は騒音?都の規制除外案に反対意見も
都は「子どもの声」を騒音規制の対象から除外する方針を示した。「子どもの声」がうるさいとして訴訟にまで発展するケースもあるが、反対意見も根強い。住民側の静かな環境で生活する権利に配慮することも必要。
2015年2月8日 田沢 剛さん
弁護士
東京五輪へ「全面禁煙化」条例化の是非
東京都の舛添知事は、東京五輪に向けて都内での飲食店や公共機関などの全面禁煙化を目指している。健康増進法では受動喫煙防止のために必要な措置を求めているが、条例で一気に強制するかどうかは議論の余地がある。

テーマ