JIJICO

解決のヒント特集

医療

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「医療」に関するコラムを集めました。

2014年9月3日 大西 勝也さん
内科医
若者世代に広がる梅毒の恐怖
梅毒患者の報告数が、前年同期比4割増の888人を記録。20歳代から40歳代を中心に広がっている。進行すると命の危険にさらされることも。治療可能な病気のため、性器周辺に違和感があれば、すぐに医療機関へ。
2014年9月2日 田川 考作さん
眼科医
目に障害も 粗末な脱法コンタクトの危険性
カラコンによる眼障害が多発。カラコンも高度管理医療機器として厚生労働大臣の承認が必要だが、いわゆる「脱法コンタクト」を購入し使用している人も。装用したい場合は、眼科専門医の診察を受けた上で処方すべき。
2014年9月1日 久保 清景さん
医学博士
いきなり氷水、体への影響は?
筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援する「アイスバケツチャレンジ」。有名人を巻き込んで行われるようになり、日本でも話題になっているが、狭心症や不整脈のある中高年が体験すれば心臓マヒの危険性も。
2014年8月25日 古家 敬三さん
医学博士
「がん緩和ケア」に求められる役割
「がん対策基本法」では、がんと診断された時から緩和ケアを始めることを推奨。がん緩和ケアの最も大きな役割は、がん患者の心の痛みを受け止め、理解し、それを和らげること。多職種が連携して関わるべきと提言。
2014年7月22日 佐藤 浩明さん
消化器内科専門医
インフルエンザによる異常行動の恐怖
兵庫県の中学校で男子生徒が校舎4階から転落死した事件で、事故調査委員会は「インフルエンザ脳症」が原因だとする見解を示した。ウイルスが異常行動を引き起こす仕組みや予防法について内科医師が解説。
2014年7月20日 大西 勝也さん
内科医
芸能人にも多いバセドウ病の症状と治療法
甲状腺の病気のひとつであるバセドウ病。甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫性疾患と考えられる。多くの著名人が克服するなど、比較的予後の良い病気だが頻脈を放置すると心不全となることも。医師が解説。
2014年7月3日 大西 勝也さん
内科医
「自由診療」の金銭トラブルを防ぐには
患者個人の責任で、医療機関から好きな検査や治療が受けられる「自由診療」。国内未認可の治療法や薬剤を選択できるメリットはあるが、不当な額の請求や不必要な治療を進められ、金銭トラブルに陥ることも。
2014年6月27日 黒岩 弦矢さん
夏の体調不良を東洋医学の知恵で予防
梅雨の時期、湿気と寒暖の差によって体調を崩しやすくなる。東洋医学では、湿気は気の巡りを妨げ、人体の要である胃腸機能の低下を招くと考えられている。食欲や胃腸の働きを促す食材で体調管理を。医師が解説。

テーマ