JIJICO

解決のヒント特集

医療

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「医療」に関するコラムを集めました。

2017年3月28日 大西 勝也さん
内科医
「隠れ心不全」を見つけよう・・・心不全が重くなる前に
心不全は日本人の死因の上位を占める怖い病気ですが、初期の心不全では、患者さん本人も、家族も、主治医の先生も気づかないような「隠れ心不全」という状態が多いのです。隠れ心不全について考えてみましょう。
2017年3月25日 鹿島 直之さん
精神科医
子どものADHDの早期発見と対応の重要性について
ADHDと呼ばれる、忘れ物が多い、じっとしていない、待てないといった特徴の子どもが居ます。早期発見と適切な対応で改善が期待される一方で、見過されると大人になっても同様の苦労や問題が続くことがあります。
2017年3月16日 田川 考作さん
眼科医
老眼を手術で改善させる「老眼矯正手術」について
老眼鏡をかけずに裸眼で手元を見たいと希望する患者さんが増えてきていますが、この希望を達成すべく施術するのが「老眼矯正手術」です。国内で普及している老眼矯正手術を眼科医が紹介します。
2017年3月8日 佐藤 浩明さん
消化器内科専門医
私たちの身体を守る免疫力 免疫力を高めるにはどうすれば良いか?
免疫力は私たちの身体をウイルスなどの外敵や体内で発生する癌細胞などから守ってくれています。食事・運動・規則正しい生活習慣などが免疫力を高めるには大切ですが、中でも食事はダイレクトに免疫力に影響します。
2017年3月7日 市村 幸美さん
看護師
若年認知症 厚労省全国調査へ その実態は?
若年認知症の患者数は約3万8000人と推計されています。ほとんどの方が仕事をしているため仕事と家計に影響が出るなど、ご家族にかかる負担は高齢者と比べても大きくなる傾向にあります。
2017年3月3日 池上 司さん
精神科医
統合失調症について 名は体を表す
統合失調症とは古来より存在する精神病で、100人に一人弱もかかるといわれています。症状の特徴と症状により脳にどのような混乱をもたらすのでしょうか?専門家が解説します。
2017年2月23日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
解決!アスクミー JIJICO
「産後うつ」の実態と予防・対処法について
産後うつは、妊娠・出産を挟む周産期うつととらえることが早期発見につながります。背景にある危険因子として心理的・社会的要因の重要性が挙げられ、対応として周囲のサポートの重要性が指摘されています。
2017年2月21日 鹿島 直之さん
精神科医
日本の若者の高い自殺率とその予防について
日本の自殺者数は減っていますが、依然として若年層の死因の一位は自殺です。受験や就職の重圧にさらされる若者は精神的に不安定になることがあり、自殺予防対策が重要です。

テーマ