JIJICO

解決のヒント特集

お金

今すぐ解決のヒントになる専門家コラムが集まりました。

「お金」に関するコラムを集めました。

2014年3月2日 小川 和哉さん
ファイナンシャルプランナー
教育費の捻出、家計の節約はもう限界?
子ども2人世帯の年収に占める教育費負担が40%を超えた。通信費や生命保険、住宅ローンなど、まだ節約できることはあるかも。「子どもの将来にツケを回さぬよう、デメリットも考慮しつつ教育費の捻出を」とFP。
2014年2月26日 佐々木 茂樹さん
ファイナンシャルプランナー
大学生への仕送り、妥当な金額は?
子どもを大学へと送り出す親には、授業料の支払いや生活費の仕送りなど金銭的な負担が。地元以外の大学に進学した場合、仕送りの平均は月8万~10万円程度。大学生活を支える仕送りについてFPが見解を述べる。
2014年2月25日 益山 真一さん
ファイナンシャルプランナー
住宅ローン超低金利の今、固定型に借り換えを
昨年から光熱費や食品などの価格が高騰。4月から消費増税もあり、家計の出費はさらに増える。そんな中、住宅ローンは超低金利。住宅ローンの負担軽減のためには、借り換えの検討が有効。FPが解説。
2014年2月24日 猪俣 和恵さん
会計センター代表
確定申告で臨時ボーナス?
一般的にサラリーマンは年末調整で済むことが多いが、確定申告が必要な人も。また、確定申告をすると税金が戻ってきて、思いがけない臨時ボーナスになるかもしれない。専門家が解説。
2014年2月22日 友部 守さん
ファイナンシャルプランナー
消費増税で医療費も値上げ。診療報酬改定の中身
4月からの消費増税に併せて、初診料・再診料が引き上げされる。また、医療機関の機能分担が推進されるため、大病院へは「紹介状」持参でないと余計は費用を請求されることも。14年度診療報酬改定についてFPが解説。
2014年2月20日 山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー
遺族年金だけで万が一でも安泰か?
今年4月から遺族年金の父子家庭への支給が開始。しかし、遺族厚生年金という上乗せ給付を受け取れるのは原則妻のみ。国の保障だけでは決して十分と言えず、民間の生命保険が必要になるが、選び方が重要とFP。
2014年2月19日 佐々木 茂樹さん
ファイナンシャルプランナー
消費増税前に見直したい家計の出費
消費増税で家計の負担も増える。まず保険や住宅ローンなど大きな出費を見直すことが大切。ほかに省エネタイプの家電に買い替えることで、電気代の節約にも。家計の支出を抑えるポイントについてFPが解説。
2014年2月12日 矢部 恭章さん
税理士
1500万円まで非課税、教育資金贈与の注意点
平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、子どもまたは孫(ともに30歳未満に限る)に対して祖父母などから教育資金を贈与した場合、1500万円まで贈与税が非課税に。注意点を税理士が解説。

テーマ